堀場アドバンスドテクノ HORIBA Instruments Incorporated 所属

入社のきっかけ
「はかる技術がなければ地球は青くなかった」という言葉に惹かれて。
おもしろおかしくを感じるとき
やりたいことを自ら考え行動、そして実現できたとき。
自ら市場調査し開発できるオールマイティな技術者になること!
仕事内容 (現在までのキャリア)

以前は海外研修制度を利用し、米国に赴任していましたが、現在は出向に切り替わり、引き続き米国に赴任しています。
米国には水質計測製品の開発拠点はないものの、エンジニアとしての経験を活かしながら現地のマーケティング/営業/サービスサポートをおこなっています。

また、それらの活動を通じて顧客はもちろん、現地メンバーにHORIBAグループの水質計測製品の魅力を感じてもらい、米国マーケットでのシェアを広げています。

仕事のエピソード

入社1年目のとき、半導体向けの重要な製品テーマを担当することになりました。

その業務の中で、特殊な薬品を使った実験を担当しましたが、分からないことも多く非常に苦労しました。
しかしその分得られることも多く、先輩からデータのまとめ方を教えてもらったり、猛勉強し毒劇物管理者の資格を取ったり。製品が完成したときは本当に嬉しかったのを覚えています。
(新聞にその製品記事が載ったのですが、今でも大事に持っています。)

製品が完成した後も、営業に同行し顧客ニーズを掘り起こしたり、サービス業務をしてみたいと志願し海外へ行かせて貰ったこともあります。それらの経験を通じて、現場(特に海外)の文化を含めた考え方を学んでみたいという思いが強くなり、研修制度に応募しました。

現在は、半導体の開発拠点である米国に赴任しさまざまな経験を積んでいますが、日本に帰国した際は、この経験を生かしてグローバルな製品作りを進めていきたいと思います。

仕事で関わる人を紹介
Mr.M
彼は米国グループ会社のService Managerで、研修時にお世話になった方です。
彼の担当であるサービス業務だけでなく、担当以外のことも積極的にフォローしてくれました。
プライベートでも飲みに行ったり、ゴルフをしたりと、彼は私のUSのDaddyです。
OFFの日
休日は、特に何をするか決めていませんが、“飲みに行く”“ゴルフ”“買い物”が多いですね。
特に最近は行きつけのBarを見つけて楽しんでいます、店員さんや常連さんと話すことで英語の勉強にもなり一石二鳥です。