堀場製作所 業務改革推進部 所属

入社のきっかけ
説明会での先輩社員の雰囲気が良く、風通しの良い社風だと感じたため。
おもしろおかしくを感じるとき
他部署と連携して業務システムを開発し、実際に作業効率が上がったとき。
日本だけでなく、グローバルに活躍できるシステムエンジニアになる。
仕事内容 (現在までのキャリア)

私の部署は、すべての業務部門の状況を一元管理している、基幹システムの設計・開発・運用とITインフラの構築・整備をおこなっています。
その中で、私は基幹システムの開発に携わっており、主に購買物流システムの開発を担当しています。

最近では、携帯端末を活用した業務改善システムを開発しましたが、ただシステムを作るだけでなく、実際に現場に赴き、作業者の方と意見を交わすことでHORIBAの最適なシステムを作ることを大切にしています。

仕事のエピソード

入社1年目から、購買物流のシステム開発に携わっていましたが、最初に任された、「新製品の出荷検品システムの構築」が今でも忘れられません。
入社当時は、「私がシステムを作るんだ!」という気持ちでいっぱいで、開発技術も新規要件の仕様もそれなりに分かったつもりでいました。しかし、開発した検品システムを現場に持っていくと、受入回答は「No」でした。
それまで1日の検品数が数千件もあると知らなかった私は、システムの小さな無駄が1日で大きな工数になることに気付きませんでした。

私は実業務の知識の未熟さを反省し、すぐに現場研修をお願いしました。

めまぐるしく動く作業現場の中で、戸惑うことも多々ありましたが、この研修で得た知識と現場の方々との関係は、私の最も大きな財産になっています。そして、それ以来、「現場の人と一緒に、HORIBAの最適なシステムを考える」という気持ちを持って業務に携わっています。

仕事で関わる人を紹介

仕事では頼れる兄貴として、「仕事とは何か」を教えていただいています。
仕事以外では、おちゃめなお兄ちゃんですが、いろいろな相談にのってもらっています。また相談させてください。

学生時代の専攻と仕事の関わり
学生時代は数学を専攻していましたので、直接業務には関わっていません。確かに、最初は分からないことだらけでしたが、今では大学の4年間で勉強したことだけで将来を決めずに未知の分野に飛び込んでよかったと思います。